人を観察することの概念

人は生きている以上、様々な要因や特性を気にして生きて行かなければならない生き物ですね!という私も障害を持っているので健常者と同じことができない為、必要以上にコンプレックスをいつも感じています。

障害を持った私がとても気にするということは、毛髪関係で「自分はどう見られるだろう?」という自分的概念でウィッグということになると思います。

そうすると他の人はその人の容姿に違和感を気付くと「あの人もしかして…。」という噂が流れだし、本人はますます悩みだすと思いますし、他の人はその話題に触れなくなる可能性があります。

どうして、人は自分と違う感性を他人と語り合わせなくてはいけないのだろう?私の同僚の方に、やはり毛髪の問題にて価格の高いウィッグを装着していると、うわさで「あの人ヅラだよ!」なんてその噂をしている人は正常でウィッグの人はおかしいみたいな表現をしています。(本当に滑稽です。)

最後にはその同僚の人は意を決し。ウイッグをはずし、スキンヘッドにしましたが、これが又しぶかったです。(かっこいいですよ本当に!)自分では差別のない世の中がわりと好きなので、もう少し周囲の人間たちも明るい対応にするべきじゃないかと思いました。

deeper3d 半年

迫り来るハゲ化の恐怖

私の家系は、見事なまでにハゲ家系です。
法事などで親戚が集まるたび、周りを見渡すのですがほぼ全員ハゲ。

私は20歳後半でまだ若いですが、今後ハゲてしまうのではないか、と恐怖に震えています。唯一、父の兄は髪の毛がフサフサなので、伯父のようなヘアライフを目指しております。

とは言え、すでにハゲに至るまでの兆候が、私に現れているのです。
それは、背中の毛や胸毛などが毛深い、と言うこと。

若干コンプレックスだったので調べたところ、男性ホルモンが強いことが原因だとわかりました。

プロペシア 勃起

毛が増えるならいいのではないか、と思いきや、男性ホルモンは髪の毛に対しては厳しい。
そう、男性ホルモンが多いと男性型脱毛症(AGA)になってしまうのです。

http://プロペシア副作用.jp/

まだ、毛が薄くなっていない現在、何かしら対応策はあるはずです。
育毛剤などを使うにはまだ早いので、育毛を促進させる海藻類を食したりしています。
しかし、恐らくはいずれも襲いかかってくる男性ホルモン。
頭皮の様子に気を使いながら、ハゲ家系の運命に逆らっていきたいと想います。

薄けに悩み始める

私はもともと毛が太くて多いので、薄毛なんて無縁だと思っていました。が、青天の霹靂。出産を経験してからというもの、驚くほどに毛が細くなり少なくなりました。

分け目とか生え際がペッタンコ。おでこの生え際の毛がどんどん産毛のように細くなってパヤパヤとしか生えてない状態になっています。これには本当に悩みました。妊娠出産をすると体質が変わるとは知っていましたが、まさかここまでとは。子育てで忙しくて化粧もほとんどしない、授乳がしやすいようにぴたっとした服は着れない、さらに薄毛って。

どんどん女としての魅力が落ちていくようで落ち込みました。それでも旦那は自分たちの子供を産んでくれた人を綺麗だの不細工だので評価するわけない、と言ってくれています。

これでだいぶ心が楽になりました。マイペースに体質を戻して行こうと思います。どうしても睡眠不足や授乳での栄養不足はあるので、とにかく頭皮環境をよくしようとノンシリコンで、刺激の少ないシャンプーに変えました。あとは女性用の育毛剤で頭皮のマッサージを。

効果はすぐには出ませんが、自分のために何かしている時間というのも、精神的にとても大切だと思います。

BELTA 口コミ 髪

足の脱毛を決意

私は昔から足のムダ毛が多く男性並みに毛深いことが悩みでした。今はカミソリでムダ毛を処理していますが、毎日のことで足も荒れてしまっています。

私はおしゃれをすることが大好きなのでスカートやショートパンツをよく履きます。だからこそ毎日のムダ毛処理が欠かせません。毎日外に出る直前に足のムダ毛処理をしますが、夕方になるともう生えはじめてきてしまい、足を触るとジョリジョリとするくらいです。

全身永久脱毛

夕方になると生足を出していることも恥ずかしくなってきて、なんとか足を隠したくなってしまいます。
また夕方になるとかならず目立ってきてしまうので常にどこでも処理出来るようにとムダ毛処理用の機会やカミソリを持ち歩く程です。

http://www.digra2007.jp/

多い時は一日2~3回もムダ毛処理をしなければならずとても不便です。なのでこの際脱毛をしてムダ毛処理にかかっていた時間と手間を軽くしたいと思うようになりました。
悩んでいましたが彼氏にも後押しされ脱毛をしてみようと決意しました。

脱毛を決意するも…

友人と海水浴に行く前日の夜、お風呂で脚のムダ毛処理をしていたところ、かみそり負けをしてしまいました。

私はよくかみそり負けをするのですが、このときの傷口はいつもよりもひどかったです。脛の皮膚を五センチほどかみそりに持っていかれました。なかなか血が止まらず、お風呂の中で卒倒しそうになったのを覚えています。

翌日の海水浴では、海に入ることはできず、友人が楽しそうに遊んでいるのを浜べから見学するしかありませんでした。炎天下の下、一人で汗をだらだらと流しながら海を眺めているとき、「来年の夏までには絶対腕と脚の脱毛をするぞ」と決意しました。

その日は海水浴の後の温泉も、傷口のせいで入ることができませんでした。
何が楽しいのか全く分からない一日になってしまいました。
海水浴の後、しばらくは脱毛サロンを探したりしていましたが、そのうちあのときの悔しさが薄れてしまいました。

忙しさとお金がないために、三年経った今でも脱毛はできていません。

ミュゼ 脱毛 口コミ

オシャレを阻む、渦巻く毛

ここ数年、自分のことは後回しで、慣れない子育てに追われていました。
子育ては喜びもあるけど、やはりストレスがたまるもの。
かといって一人で遊びに出られるわけでもなく、そんな時間的余裕もありません。
そうなると興味はついつい食べる方へ。
Shocked woman
夜な夜なコンビニスイーツを食べるうち、唯一の自慢だった細い足にもしっかり贅肉がつき、驚くほど太くなってしまっていたのです。

よく隠すと太くなる、見せると細くなると聞くので、今までジーンズやレギンス、黒タイツで隠していた足を見せて、意識をすることで痩せようと思いつきました。

さっそくスカート数着とブーツやパンプスを揃え、久しぶりにオシャレして子どもとお出かけすることにしました。
メイクもヘアスタイルもバッチリ、服も今年の流行をおさえているし、気持ちものりのりで玄関でパンプスをはこうとしたその時。

パンストの下ですね毛が渦巻いているのが見え、思わずひっくり返りそうになりました。

急いでお風呂場でシェービングしましたが、その後は少しヒリヒリとしてお出かけを楽しむどころではなくなってしまいました。小さな子どもと一緒にお風呂に入ると、派物が危ないのでおちおち自己処理もできませんが、焦って剃ると肌トラブルにもなるし、人目につきがちな、ひざ下とひじ下だけでもきちんと脱毛していつでもオシャレを楽しめるようにしておきたいものですね。

脇毛の脱毛がしたい

私は脇毛の処理にいつも市販の剃刀を使っています。
ものごころついた時いには剃刀を使っていて、それは完全に親の影響でした。

中学生くらいから気になり始め処理をしていますが、年々皮膚が黒ずみ炎症を起こすようになってしまいました。

そこで、剃刀の他に何かないかと探し始め色々試しました。
まずは、手っ取り早く毛抜きに挑戦しました。それはそれは予想以上の痛みと、ぶつぶつのような皮膚になってしまい断念しました。

次に、脱毛クリームを試しました。私のイメージでは綺麗に毛がなくなるものだと思っていたのですが、それほどなくならず中途半端に残ってしまいました。

また、これもかぶれてしまい結局使い切らずに終わりました。
最後にワックスを試しましたが、これは脱毛クリームよりも抜けずただ痛いだけでした。

そして結局、剃刀に戻ったのですが剃ると炎症を起こすし、剃らないとチクチクしてかゆくなるので今はなるべく皮膚に剃刀が当たらないようにしています。

毛の処理をしないわけにもいかないので、早く脱毛してこの煩わしさから解放されたいです。

http://エタラビ口コミ予約.com/

女なのに髭にショック

私は最初からホルモンバランスがおかしいのかもしれません。

昔から男性のようにムダ毛が濃かったです。これには本当に悩んで悩んで辛いと思っていました。

まだ子供の頃はなんとかなったのですが、20代後半になってきてふと鏡を見た時にあることに気づきました。

私のあごに髭が生えてきているのです。びっしりではないですが。
ちょっと口に周りが青っぽくなっていて愕然としました。女なのに髭が生えるという事態に恥ずかしくてたまらなかったです。

この時から髭は段々増えてきていて、毎日剃っていないと周りにバレないか不安になっています。
一日に何度もトイレに行ってチェックするのが辛いと思います。

もうこんなに髭を気にする生活をしたくなくて、脱毛したいと思いました。
女性らしさを取り戻すためにもこの青髭を根元から処理したいです。
それには脱毛するしかないので、脱毛がしたいです。

それに剃っていたら髭が濃くなったような気がして、これも気になっています。

最悪の思い出…

あれは今の彼と付き合い始めるちょっと前、二人で海に行ったときのことです。
その海水浴の計画はかなり急だったので、なにぶん用意が間に合わず、わたしはラッシュガードの代わりに薄手のパーカーしか持っていきませんでした。

http://www.i-linehair.com/

そんなわけで、水に濡れて重くなったパーカーはすぐに脱いでしまいました。
帰り支度のとき、それを波打ち際で絞っていると、思いがけず高い波に足元をすくわれてよろめいたわたしを、彼が背後から支えてくれたのです。

ちょっとどきっとしてしまうシュチュエーションですが、めでたく付き合い始めてから彼とそのときの思い出を話していると、あまりにもショックなことを言われてしまいました。

「実はあのとき、脇の下を支えた手がちょっとジャリッとしたんだよね」

それは砂だよと誤魔化しましたが、前日の用意も十分時間がかけられなかったし、ムダ毛の伸びがやたらと早いわたしのことです。

たぶん伸び始めたムダ毛だったことでしょう…。
せめて脇だけでも脱毛したい、いや、しなければと固く心に誓った思い出です。

我が家は代々ハゲの家系

私の家族は代々ハゲの家系です。私は女なのでそこまで深刻ではないのですが、父や親戚はハゲに悩まされています。

20代、30代の頃からはげてくるらしく、ハゲを自覚した時はとてもショックだったとのことでした。
実を言うと私が赤ちゃんの頃、私自身も髪が薄く長い期間ハゲだったので母親はかなり心配したそうです。

女の子なのにハゲでかわいそうだと感じたらしく、気が気でなかったらしいです。

ハゲの体質は遺伝するらしいので、我が家にはハゲになる遺伝子が受け継がれているのだろうと思います。
親戚が集まるとハゲの人がかなり多くいるのがわかりますので、ハゲ遺伝子が根強いのだと思います。

ハゲは男性のものだけではなく女性にも関わってくることなので、私もこれからハゲてくるのではないかと不安に感じる時もあります。

元々髪は薄い方なのでこれ以上髪が抜け落ちてしまったら悲惨です。
髪の量が格段に増えることはあまり期待できないので、とりあえず今の毛の量を維持できるように頑張りたいと思っています。

チャップアップサプリメント効果?

処理の大切さ

ムダ毛は体の至るところにある思います。中でも人目に触れる部分は特に気になるのですが、毎日処理することは大変です。日々毎日処理をしなければあっという間に生えてしまいます。
Beautiful young woman. Portrait of asian.
こうしたことからムダ毛を処理したいと思います。

また育児中のために処理する時間があまりなく、そうした処理する手間を考えると脱毛をしてしまった方が楽になると思います。

子育て中で出来ないのですが、旦那からするとそのくらいの身だしなみはしておいた方が良いと言います。

私はそこまで気にしていなかったのですが意外と回りの人が見ていると指摘されました。脇の毛も半袖を着なくなると処理を怠り、旦那に指摘されて気づくということもあります。

自分の中で女子力が落ちたなと感じることもあるのでそうしたときに処理をしたいなと思います。
最低限の身だしなみとしては回りの目も気にする必要があるのだなと思います。

回りの人に失礼のないような手入れが日頃から必要なんだなと旦那に気づかされました。

ひざ下 脱毛

ワキ毛を気にしていたら楽しくない

私は、ワキ毛だけ濃いのが悩みです。

足も腕も背中も、そんなに毛深い方ではなく、しばらく処理しなくても目立たないぐらいなのですが、なぜか脇の下となると、黒々とした毛がしっかりと生えてくるのです。

もともと全体的に毛深いのなら、こまめに毛の処理を行うのかもしれませんが、私の場合、普段見えるところにあまり生えてこないため、お風呂に入っていてもまだ大丈夫かなとその作業を先送りにしてしまうのです。
ワキ毛は服を着ていれば分かりません。

女だって普段見えるところじゃなければ手を抜いてしまいます。
ただ、これが落とし穴なんです。

半袖を着ている場合、普通に過ごしていれば平気ですが、腕を上げればチラリと脇の下を覗けてしまうものです。

腕を上げなければならない場所に行ってしまうと、もう気になって仕方ありません。

一度気になってしまうと遊びに行った先でもそのことばかりで楽しくなくなってしまいます。
他の場所の処理がほとんどいらないが為にだいぶ伸びてしまう私のワキ毛、いっそ脱毛してしまいたいです。

エピレ 口コミ

20代でハゲたくない

私の同級生で20代前半でおでこがかなり広くなってハゲた友人がいました。

数年前の同窓会で会った時にかなり驚きました。
本人も自分がハゲということを認めていて自虐的になっていましたが、昔のような若々しさが感じられなくて、他の同級生よりもかなりオジさんに見えました。

彼は10代後半の頃に髪をかなりやんちゃにいじったのが原因でハゲてしまったそうです。

金髪に近いような髪の色に何回も染めたことがあったり、ドレッドパーマのようなかなり髪が痛むようなパーマもかけて、かなり髪を痛めたしまったことが原因で20代のはじめからは一気にハゲてしまったそうです。

性格はかなりいい子で面白い子なので、女の子から嫌われることはないのですが、飲み会の席などではとてもいい人だけど付き合う気にはなれないと言われてしまうそうです。

彼の話を聞いて、内面はとても大事だけれど、いくら内面がよくても結構ハゲているとやはりモテないんだなと思って、私はシャンプーやワックスなんかは頭皮に悪いものを使うのを辞めるようになりました。